テンプレートNo.co18

屋根の葺き替え、雨漏り、住宅リフォームのご相談 京都、滋賀、大阪、、奈良、全国からOK!

屋根の葺き替え、雨漏り、住宅リフォームのご相談 葺き替えのご相談・ご質問や住宅リフォームに関するあらゆる疑問にお答えいたします。
メールアドレスも何もかも不要の掲示板書き込み型なので、気軽にご利用ください。
京都・滋賀・大阪に限らず全国からのご相談に喜んで回答いたします!  クイック質問一覧はこちら

全ての質問を見る

なぜ30年に一度は葺き替えが必要なのか!

築三十年も経てば、瓦の葺き替え時期だと言われています。
当時、瓦の焼く(製造する)温度が低く、劣化しやすい瓦が多くありました。
ちなみに近年の瓦は、焼き釜もよく1000℃以上で瓦を焼くことができるので、耐久年数も向上しています。
下記では、瓦の劣化とともに、雨漏りの発生原因の典型例をご紹介。
葺き替え工事のタイミングをご説明します。

瓦のズレにより葺き替え工事が必要
一度雨漏りを起こすと、内部に雨水が浸透することになり家全体の劣化につながります。
二度目以降も雨漏りを修理せず放置しておくと、大切な内部の木材が腐ってしまい、ダメージが蓄積されます。
また、築年数が30年を経過した屋根は、雨漏りの一部修理ではほとんど完治しないことから、何度も何度も修理が必要になり、かかった費用が葺き替え工事を上回ることになります。
その為、初めから葺き替えをオススメすることがあります。
写真のように瓦そのものが劣化し、そして全体的に「ズレ」がおこっている場合は、葺き替え工事が必要です。
とはいえ、それなりの費用が伴うリフォーム工事・・・。予算が心配。

下地から丁寧に施工する様子
大手の工務店に依頼すると、当然ながら中間マージンが目に見えぬ費用として盛り込まれています。
当サイト(スパッとリフォーム)は、職人倶楽部が運営する、屋根の葺き替えに特化した事業部なので、直接「専門の職人」に工事を依頼できます。
最低限のコスト計算で、納得のいくお見積りをご提示可能なので、費用の内訳を心配する必要がなくなり、ほぼ卸値とお考えください。詳しくはこちら

重量を軽くする葺き替え工法 雨漏り対策
関西では主に土噴き工法でしたが、阪神淡路大震災以来、重量を軽くするため桟掛工法が主流になりました。
防水紙を貼り、瓦桟の施工の様子。万全の雨漏り対策で安心ですね。

棟の積み替えの様子
棟の積み替えの様子。
近年では棟を積む場合、写真のように黒い「南蛮漆喰」を使用するのが主流です。
工期は、一週間程で完了。(写真の施工事例 京都)

さらに詳しくはこちら▼
京都/滋賀/大阪 無料見積もり・ご相談・屋根葺き替え実績多数! 中間マージを無し、職人直接施工が選ばれる理由!